「経済支援は日韓で」は
米政権内の既定路線

 今後の動きがどう推移するかは、今後の両者の具体的な行動を見極めていくよりほかはない。ただ、米朝首脳が膝詰めで交渉し、基本的な合意に達し、トランプ大統領の会見内容からは、それなりの具体性があることもうかがえることを考えれば、今回の首脳会談の成果を「中身がない」と斬って捨てるのは早計だと思う。

 ちなみに今回の会見でトランプ大統領が、非核化のコストについて「韓国と日本が大きく支援すると思う。彼らもその用意ができている」と語ったことが、国内で物議をかもしている。

 ただ、トランプ大統領は6月1日に、12日の首脳会談を予定通り行うことを表明した際にも、非核化合意後の北朝鮮の経済支援について、「韓国や日本が支援する」との考えを明確に語っていた。その際には、「私は、韓国には『準備しておかないといけないよ』とすでに言っている。日本に対しても、だ」と明言していた。

 経済支援について「韓国や日本が行う」というのは、トランプ政権にとってはすでに既定路線だ。日本政府は、米国側とどういう話し合いをしているのかを、国民にもっと明確に説明する責任があると思う。