来日したマレーシアのマハティール首相と握手する安倍首相
写真:代表撮影/ロイター/アフロ

15年ぶりに再登板したマレーシアのマハティール首相は、6月10日から12日の日程で来日。安倍晋三首相や黒田東彦日本銀行総裁と会談したが、中国メディアはこの訪日をつぶさに追い続けていた。背景には中国にとってマレーシアは極めて重要な貿易相手国であること、さらにマレーシアでのインフラ投資において、中国と日本はライバル関係だということがある。中国メディアはマハティール訪日をどう報じたのか。中国の経済メディア「第一財経」の記事を転載する。

 マレーシアのマハティール首相(92)は復帰(5月10日)後初の外遊である日本の東京で開催されたハイレベル会合で、英語で50分間の講演を行なった。

 日本政府はマハティール首相を手厚くもてなした。訪問期間中(6月10日~12日)、安倍晋三首相と黒田東彦日本銀行総裁とそれぞれ会談した。 また日本側は、マハティール首相を日本商工会議所、ジェトロ(日本貿易振興機構JETRO)などが主催する投資・貿易フォーラムに招待した。

 だが、マハティール首相は訪日期間中多くの場で発言したが、初の外遊での発言に特に期待を寄せていた人たちを失望させた。