所有する本人が偽物と知っていて、「100%本物です」などと偽ってフリマアプリで販売したりした場合は、法律上罪になる。しかし多くは本物か偽物かを見分けられず所有し、本物であると信じてフリマアプリに出品というケースが多い。すでにフリマアプリでは、こうした真贋に関するトラブルも多発しているという。

 そんなフリマアプリの「死角」を突いた新しいフリマアプリも誕生している。

フリマアプリの「死角」を突いた
鑑定機能付きフリマアプリも登場

 それが「KANTE(カンテ)」というフリマアプリで、店舗で中古ブランド品の買い取り・販売を展開するコメ兵が構築したものだ。登録料・使用料は無料で、商品の価格帯に応じて一定の手数料を徴収。中古のブランド品に特化し、同社による鑑定機能を付加したのだ。

 KANTEでの購入者は、購入が成立しそうになったらコメ兵に品物を送り鑑定してもらう仕組み。そこで正規品でないことが発覚したら場合、売買はキャンセルされる。もちろん、鑑定オプションを選択しないこともできる。

 コメ兵はブランドについて、店舗で鑑定しながら買い取っており、こうした鑑定で蓄積したノウハウを付加したアプリといえる。

 通常のフリマアプリにはこうした機能はないが、購入後に問題を抱えたくない向きはKANTEのオプションで鑑定しもらって購入した方がいいのだろう。フリマアプリも選択肢が広がっている格好だ。

 しかし、個人間売買市場でこうした問題の種を作り出しているのは、供給側の高級ブランドであることに疑いの余地はないし、ブランドの価値を劣化させているのもブランドの製造元ではないか。

 例えば、自動車の世界で「ベンツ」などブランド力の高い輸入高級車を販売するヤナセは、オーナーが中古車市場に出す場合などを想定し、新車のうちから早め早めの部品交換を推奨、価値を劣化させないように、ブランドを劣化させないようにしている。