「これも人生、これがサッカーだ」クロアチア代表監督。「俺たちの夢を叶えるまで、あと90分だぞ」フランス代表の司令塔。 感動とともにフィナーレをむかえたロシアW杯。素晴らしいシュートはもちろん、選手たちはキレのあるコトバでも、私たちの心を震わせてくれました。シリーズ累計127万部突破のベストセラー『伝え方が9割』の著者、佐々木圭一さんが解説します。(構成/槌田あゆみ)

W杯で審判にアピールするブラジルのネイマール選手 写真:EPA=時事

伝説は、コトバで刻まれる

 選手たちのスーパープレーや、歴史を塗りかえる激闘。そこには必ず、熱い、心を揺さぶるコトバがあります。

 W杯で生まれた新たな伝説を、名言とともに振り返ってみましょう。

勝っても負けても大注目!ネイマールの名言

 世界の注目と期待を集めていた、サッカー界のスターといえばブラジル代表のネイマール選手。

 今大会では、思うように成績を残すことはできませんでしたが、コトバでは大きなインパクトを残しました。

 ネイマール選手は、直前のケガによってW杯出場が危ぶまれていました。
 しかし、ケガのケアを間に合わせ、出場が決定しました。
 出場を表明したときに、こうコメントしました。

○「W杯はぼくのもの」

 なんとも自信に満ちあふれたコトバに、ブラジル国民は安心するととともに、彼の活躍を期待したでしょう。

 自分に確固たる自信をもっているネイマール選手。
 他国のスター選手であるアルゼンチンのメッシ選手、ポルトガルのロナウド選手について、記者から聞かれ、こう答えました。

○「この世界では、僕がベストだと思うけどね。ロナウドとメッシは、ほかの惑星からきているから」

 自分への自信を見せつつ、他の選手もリスペクトする。それも、笑いのエッセンスをいれて。
 スーパーシュートに値する、見事な名言だと思います。