これは脅しでもなんでもない。わたしは多くの管理組合から、そのような相談を受けているのだ。

管理会社の言いなりにならない
任期2年、半数改選

 そこで、わたしが提案したいのが「任期2年、1年ごとに半数を改選」という仕組みだ。半数改選なら、残り半数の理事はそれまでの1年間の経緯や議論を見てきているので、理事の半分が新人でも、それまでと同じレベルで議事を進めることができる。

 皆さんはどのようにお感じだろうか?

 確かに2年は長いと感じられる方は多いだろう。また輪番制となっていても、どうしてもやりたくない人が抜けられるような既成事実でもあれば、さらに不公平感は募る。

 本題ではないが、この不公平を緩和し、積極的な参加者を確保するために、総会、理事会に出席手当を出す。あるいは出ない人から協力金を徴収する方法も一案だ。

 どうしても「2年は長すぎる」と賛成を得られないなら、せめて、理事引き継ぎの際にノリシロを設けるという事を考えていただきたい。

 ノリシロとは、総会前後の3ヵ月程度、回数にしてそれぞれ2回ずつ計4回、新旧理事がともに理事会に参加する仕組みのことだ。

 これによって重要課題が次の1年にも確実に引き継がれることが期待できる。総会前のノリシロ期では次期理事が、総会後のノリシロ期は旧理事がオブザーバーとして参加すれば、「よくわからないままで数ヵ月が経ってしまった」という事態を回避できる。