これは大変に刺激的で、ユーザーをゲームの世界へとさらに深く没頭させるものであった。家庭用ゲーム機はインターネット通信機能を標準装備するようになり、オンライン前提、またはオンライン要素を多く含んだゲームが相次いでリリースされていった。また、パソコンが一家に1台あるのが当たり前の時代になって、それまでコアなユーザーしか手をつけることのなかったパソコンゲームもカジュアルなものになってきた。

 ネトゲの最大の魅力を一言で表すなら「誰かとプレイする」ということである。ゲームの世界を通じて人と人とのコミュニケーションが発生する。

 人が集まってきている場所がいろいろとゴチャゴチャしないわけがなく、その世界独自のルールや慣例が生み出される中で、憎しみが振り撒かれ愛が育まれた。そしてもちろん性にまつわる「事件」も発生した。

 今回はネトゲ上に見られる風紀の乱れや、ゲームを通して恋愛、結婚に至った人たちの話を参考にしながら、“ネトゲの性”について紹介していきたい。

どこにでも湧くエロい男性
ネトゲとて例外でなく……

 出会い厨、エロイプ、見抜き……左の3つの単語のうち、意味がおわかりになるものはいくつあるだろうか?

 3つともネトゲでよく見られる、「性」に関した単語である。

“出会い厨”はネトゲ界隈だけに見られる現象ではないし、語感からその内容の想像がつくかもしれない。ゲーム内で知り合った相手とリアル(現実世界)で出会おうと常日頃試みている人たちのことをこう呼ぶ。

 出会い厨が追求するものは、主に交際ではなく性交である。

>>(下)に続く

>>後編『オンラインゲーム上で氾濫する「性」の実態、リアルなら犯罪!?(下)』を読む