気がつくと、全てのカードが利用上限近くまでに達し、毎月の返済額は8万円になっていました。これではいけないと思い、私のところに家計相談に来たのです。

「なんとか家計のやりくりだけで、うまく返していくことはできないでしょうか」

 Gさんはそう言いますが、家族もいて、住宅ローンもある中で、手取り30万円ほどの収入では極めて厳しいものがありました。それぞれのカードの上限近くまですでに借りているので、これ以上の自転車操業は無理です。こうなった段階で「どうにかしてほしい」と他力頼みになるのは、ちょっと考えが甘すぎだと言わざるを得ません。

 できることは、お金の使い方そのものを見直して家計の改善を図り、法律家の下で債務整理をすることです。一度債務をきれいにして、再スタートを切るというのが最も望ましいのですが、「周りに知られると恥ずかしい」などと言い出す始末。まだ、自分の置かれた状況が理解できていないのです。

家計改善に取り組み
借金体質の原因を探ることが重要

 こうしたGさんのように、一度、過払い金請求や債務整理をしたにもかかわらず、再び借金で苦しむ人たちが最近増えています。

 借金を繰り返す原因は「家計」です。家計を根本から見直し、なぜ借金ができたのか、どこを改善すると今後借金をしなくてよくなるのか、その点を見つめ直し、改善しなければ何度も繰り返し、Gさんのような人を生んでしまう原因になっているのです。

 Gさんは、結局、家計改善に取り組みながら、2度目の債務整理をしました。マイホームを守ることができる「個人再生」です。現在は借金を圧縮し、コツコツと返済していますが、ただ返すだけではなく、奥さんとともに家計簿をつけて無駄をなくしていくよう努力しています。少しずつですが、貯蓄もし始めました。

 過払い金返還請求などで、一時的に楽になっても意味はありません。お金の使い方そのものを変えていかないと、本当の意味での解決にはならないのです。

(家計再生コンサルタント 横山光昭)