あげる女性、さげる女性の違いって……?

男をあげる女性、男をさげる女性--その違いは、どこにあるのでしょうか? また、「あげる」とは言っても何をあげるのでしょうか。新刊『いい女.love いい恋愛をするたったひとつの条件』から一部抜粋して、紹介いたします。

「あげまん」って、そういうことだったのか

「私は、常に彼をあげてきた」と言える人と、「なんか付き合った人みんな、落ち気味かも」と言う人がいるとします。

 彼をあげる人はいつもあげられるし、下げる人はなんだかいつもそうなってしまいます。その違いはなんでしょう。

「あげまん」という言葉を聞いたことがあると思います。これは1990年に公開された映画のタイトルで、ここからこの言葉が大きく広まったそうです。

「マルサの女」を作った伊丹十三監督の映画作品で、あげまんの「まん」は、諸説あるようですが、「間」=運気や出会いという意味だそうです。いい運気や出会いを連れてきてくれる人ですね。

 内容は、芸者の主人公ナヨコに関わる僧侶、銀行マン、政治家などが出世していくコメディ映画です。

 この主人公は美人ではありませんが、素直で情けが深い女性。そして、男性によく尽くす女性として描かれています。

 対照的に、自分の欲のために男性の尻を叩く女性と一緒にいる男性は落ちていくので、伊丹十三監督をはじめ、一般的に男性が考える「あげまん」はこんな人、と感じられる作品です。

 いい女は男性をあげる人です。男性は、この映画のナヨコのように、接しやすくて、つい頼りたくなるような女性を求めているのかもしれませんね。

 なんだか仕事がうまくいったり、転職して力を発揮したり、試験に受かったり、そんな結果を引き出してくれる人が、男をあげるいい女です。

「あげる」とは言っても何をあげるのでしょうか。まずは大切な人の気分をあげることです。

 男性をあげるということは、「なんでもできそうな気がする!」と、そんなふうに気分をあげてくれることから始まるのです。

 何でもできそうな気がして、自分は無敵だと感じさせてくれる人が近くにいたら、男性は大きな力が湧くものです。

 心が豊かになって、やる気が出て、活力が湧く。仕事を一生懸命頑張りたい、大切な人をもっと喜ばせたい。男性の、本来持っているそんな気高い気持ちを引き出してくれる女性は、まさにいい女です。

 では、どうすれば、「なんでもできそうな気がする!」という気持ちにすることができるのでしょうか。

 それはとっても簡単なことで、相手を信じ抜くこと。これに尽きます。

 誰よりも彼の味方でいること。彼が悲しんで落ち込んでいても、絶望の縁に立たされていても、「私が信じているから大丈夫」、その一言を言える女性が、男性の力を最大限に引き出してくれます。

「信じる」って、言葉にすると一言なのですが、意外と難しいことで、ただ、それだけに大きな力を持つことなのです。

 信じることはそんなに簡単なことではないかもしれませんが、まず一番大切なことは、疑う時間を減らすことです。

 無理に信じようとしなくても、疑っている自分に気づいたら、その時間を少しだけ短くしようと意識してみる。そうすることから始めましょう。

 もちろん男性に対してだけではなく、子どもに対しても、部下に対しても、まず信用するということは大きな力を持ちます。信じてくれたからこそ、大きな力が発揮できるのです。

「絶対うまくいく。絶対大丈夫だよ」と思ってくれる人がいると、心の深い部分が満たされて、たくさん力を出すことができるのです。

 そして、いい男は、女性の心を和らげてくれる人。ピリピリさせずに、穏やかな気持ちにしてくれる人がいい男です。女性にとってのラッキーボーイは優しい気持ちにしてくれる人なのです。

 では、どのように対応すれば、女性はさらに優しく、和やかになるのでしょうか。

 それは、言葉で「必要だよ」と伝えることです。自分の存在意義を疑わなくてすむということは、心が豊かになり、女性にとっては生きている意味を実感できることなのです。

 言葉で必要だと伝えてくれることは、心が豊かになれる一番の近道です。