現在のクルマは電子制御されているので、アクセルとブレーキの両方を踏み込んでもブレーキが勝る“ブレーキ・オーバーライド”機能が備わっている。

 このため、この操作方法で運転していれば、もし、間違えて両方のペダルを踏み込んでもブレーキが勝ってクルマの暴走を防ぐことができるだろうというわけだ。

 実際のところ、左足ブレーキは慣れてしまえば、それほど難しいものではない。

 レーシングカートは左足ブレーキを使うものだが、初心者でもほとんどの場合、難なく走らせることができる。また、クラッチ操作があるため左足ブレーキに向いていないマニュアルトランスミッション車はすっかり少数派になっている。

 最近ではモータースポーツ用の車両にもオートマチックトランスミッションが増えており、そうした車両で左足ブレーキを使うのは、珍しいものではなくなっている。

事故を防ぐために
左足ブレーキを推奨すべきか

 では、アクセルとブレーキの踏み間違い事故を防ぐために左足ブレーキを推奨すべきなのだろうか?

 個人的には、あまりお勧めしたいとは思わない。メリットは確かにある。しかし、デメリットもあるからだ。