空き家
写真はイメージです Photo:PIXTA

いまや相続は押し付け合う時代に!? 親の遺した財産であるはずの「実家」。不用意に受け継いでしまうと、「税金」や「維持費」などで、あなたの資産を食いつぶすかもしれない! 日本一相続を見てきた税理士が、『やってはいけない「実家」の相続』を解説する。

「実家」を相続してしまうと「相続貧乏」になる!?

 相続をすればお金が入って得をする――そう考えている方が多いと思います。かつては相続する財産のために、子どもたちが骨肉の争いをするという話があちこちにありました。もちろん、いまでもないわけではありません。それは、相続すれば必ず得をするという意識がもとになっています。

 ところが最近になって、別の問題が起きてきました。相続することで「厄介なもの」を押しつけられるというケースが増えてきたのです。

 その「厄介なもの」というのが、「住まない実家」です。