北海道厚真町で地震による土砂崩れに巻き込まれた建物
北海道厚真町で地震による土砂崩れに巻き込まれた建物 写真:毎日新聞社/アフロ

9月6日午前3時8分頃、北海道の胆振地方中等部を震源とする大きな地震が発生した。厚真町で震度7、安平町で震度6強、千歳市で震度6弱、札幌市で震度5強などを観測、震源の深さは約37キロメートル、地震の規模はマグニチュード6.7(暫定)と推定されている。地震が少ない地域と言われていた北海道を襲った大地震だが、今後、被害を拡大させないためのどのようなことに注意すればいいのか、災害の専門家に話を聞いた。(『ダイヤモンド・オンライン』編集部 田島靖久)

夜明け前の北海道を
襲った震度7の地震

「突然、ドーンと突き上げるような揺れを感じ、部屋に置いてあった家具などが次々に倒れてきた」

 札幌市にいたサラリーマンの男性は、青ざめた表情を浮かべながら地震直後の様子をこのように語る。

「何が起きたのか全く分からなかったから、テレビを見ようと慌てて電源を押してもつかないし、ネットもダメ。情報が把握できないのは本当に恐かった」