非常に高額なのに、最高競争率316倍!
いま、この日本で、宝くじのように当選するのが難しいサービスが存在することを、あなたはご存じだろうか?
JR九州。正式名「九州旅客鉄道株式会社」。名前だけ聞くと、旧態依然の鉄道会社のイメージを持つかもしれない。
だが、この会社の「あるサービス」がひそかに感動の輪を呼んでいる。
東京だけで暮らしているとわからない。でも、九州に行くと景色は一変する。
その名は、クルーズトレイン「ななつ星 in 九州」(以下、ななつ星)。いまや「世界一の豪華列車」と称され、高額にもかかわらず、2013年の運行開始以来、予約数が定員をはるかに上回る状態が続いている。なんと、DX(デラックス)スイート(7号車の最高客室)の過去最高競争率が316倍というから驚きだ。昨年11月の『日経MJ』には、「ブランド作りとは世界の王でも断る覚悟」と題して、そのフェアな抽選システムが新聞一面に紹介された。
だが、驚くべきは、「ななつ星」だけではない。
この会社、バリバリの鉄道会社なのに、売上の6割は鉄道以外の収入で、8年連続増収なのだ。
かつてこんな会社があっただろうか?
JR九州を率いるのは唐池恒二氏。8月27日、韓国と九州を結ぶ真っ赤な新型高速船「クイーンビートル」を2020年8月に就航すると発表。子どもから大人まで博多と釜山の優雅な旅を満喫できるという。さらに、7月には、中国・アリババグループとの戦略的資本提携を発表。2020年の東京オリンピックを控え、ますます九州が熱くなりそうだ。
記者は、この20年、数々の経営者を見てきたが、これほどスケールの大きい経営者はほとんど見たことがない。
1987年の国鉄分割民営化の会社スタート時は、JR北海道、JR四国とともに「三島(さんとう)JR」と称され、300億円の赤字。中央から完全に見放されていた。
それが今はどうだろう。高速船、外食、不動産、建設、農業、ホテル、流通、ドラッグストアなど売上の6割を鉄道以外の収入にして8年連続増収。37のグループ会社を率い、2016年に東証一部上場、2017年に黒字500億円を達成。今年3月1日の『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)でも、逆境と屈辱から這い上がってきた姿が紹介された。
今回、再現性のあるノウハウ、熱きマインド、破天荒なエピソードを一冊に凝縮した、唐池恒二氏の著書『感動経営』が、発売たちまち3刷。唐池氏に『感動経営』にこめた思いを語っていただこう。(構成:寺田庸二)

初産みたまごのおいしさに心から感動

 養鶏場から朝産みたての、まさに“ほやほやの”たまごが社長室に届いた。

 福岡県飯塚(いいづか)市にある養鶏場は、6棟からなる。
 1棟に1600羽の鶏を飼育しているから全部入居(?)すると、9600羽になる。
 4ヵ月前に養鶏場が完成し、その月から毎月1棟ずつ1600羽の雛鳥をケージの中に入れていき、6ヵ月で6棟すべてが満室になる。

 当社が得意とする分譲マンション事業なら、竣工即完売といったところだ。
 その日届いたたまごは、1棟めの最初の入居組の雛たちが、入居して半月から1ヵ月ではじめて産んだ、“初産みたまご”だ。

 初産みたまごは祖母に食べさせろ、といわれる。
 サイズは小さいが見るからに活力に満ちていて栄養価が高い。
 初産みたまごを一度食すと、もうほかのたまごに手が出ない。
 格別のおいしさに心から感動する。

 このとき、農業をはじめてよかった、と改めてしみじみ思う。

 私が社長時代に、JR九州は農業に参入した。
農業をはじめてから、多くのひとから聞かれたことがある。

「なぜ、鉄道会社のJR九州が農業に取り組むのか」

その答えとして、いつも公式見解を用意している。
JR九州が農業に力を入れる理由は3つある。

1 各地に耕作放棄地が増えていくのを見てさびしく感じたから、である
2 日本の美しい田園風景を守るため、である
3 農業と鉄道業には共通点があること、である

 以上の3つが、JR九州が農業を手がけるおもな理由だ、というのが公式見解だ。