MARCHを抜いて新しい括り「RJK」へ

──「立教が変わる」ことを象徴する、分かりやすいキャッチフレーズはありますか。近畿大学は「早慶近」(早稲田大学、慶應義塾大学、近大)という大学のくくりを使って物議を醸しましたが、結果的に存在を知らしめました。

「脱MARCH」宣言をします。MARCHを卒業して、「RJK」になります。

──RJK? JK(女子高生)みたいですね。

 立教、上智大学、慶應。彼らをキャッチアップし、追い抜いて、アジア、世界へとステップを踏む。

──「JAL」というくくりが昔ありました。上智、青学、立教。

 それだと青学が入ります。横並びの顔触れを見ている限りは進歩しない。半歩先を見て追い掛ける。

 個人的には昔、「東慶立」を思い描いていました。東大、慶應、立教。でも学内で話したら「東大は国立だし、カラーが違うし、リアリティーがない」って(笑)。

──慶應はともかく、上智にもダブル合格(両方に合格した場合の進学先)で勝てていない?

 はい。経営学部や異文化コミュニケーション学部は、接近しています。慶應に対しても、経営学部はちょっと風穴をあけつつある。まずは一点突破して、他学部まで広げたい。

──RJKの確立は、MARCHを全て追い抜くことを意味しますか。

 完全に抜いて、RJKに。創立150周年を迎える24年には、JKも「私、RJKに行く」と自然に言ってくれるようにします。