マスタング1000万台生産を記念するイベント
マスタングを組み立てるミシガン州のフラットロック工場で1000万台生産を記念するイベントを開催多くのファンがアメリカンスポーツの歴史を楽しんだ Photo:FORD

2019年モデル
GT・V8が1000万台目

 1964年といえば、東京オリンピックが開催されたメモリアルイヤー。まだ生まれていなかった、という読者もいるだろう。中には、「テレビ観戦した」「スタジアムで応援した」という読者がいるかもしれない。ところで、1964年は、フォード・マスタングが発表された年でもある。ヘンリー・フォード2世が4月17日に発表した。フォードによると、マスタングは発売初日に2万2000台のオーダーがあり、発売初年だけで約41万9000台を販売した。

 発売と同時に大人気になったマスタングのサクセスストーリーは誰もが知っている。そのマスタングが今年、生産1000万台の大台に達した。発売から54年での金字塔である。1000万台目は、2019年モデルとして発売されるGT・V8(460ps)で、ボディカラーはウィンブルドンホワイト、トランスミッションは6MTのコンバーチブルモデルだった。

 マスタングの生産1000万台を記念して、オーナーたちが“10,000,000のクルマ文字”を作った。場所はミシガン州のフラットロック工場。広い駐車場に歴代マスタングが集まり、整然と1000万の文字を作り出した。このイベントを祝って、車名の由来にもなった戦闘機、マスタングP 51が記念飛行を行い、クルマ文字の完成に花を添えた。