安易な手術は少なくない
安易に行われている手術も少なくない(写真はイメージです) Photo:PIXTA

腰痛はつらいものだ。とにかく、この長く続く痛みから解放されたいと思い、治療手段として手術を安易に選択する人も少なくない。しかし、その「手術」という選択は正しいのだろうか。「痛み」の治療の専門家である横浜市立大学付属市民総合医療センターの北原雅樹医師に取材した。(医療ジャーナリスト 木原洋美)

手術の効果は1ヵ月で消え
薬物療法で体調悪化

「この痛みと体調の悪さは、生涯治らないのでしょうか。だとしたら、私はもう、苦しむためだけに生きているようなものです」

 痛み治療で名高い、横浜市立大学付属市民総合医療センターの北原雅樹医師に対して、男性(90代)は涙ながらに訴えた。

 腰痛に苦しみ、複数の病院を渡り歩いてきた男性がカバンから取り出して見せてくれたのは、がんの緩和ケアなどで処方される強力な痛み止めと、うつ病や統合性失調症患者によく処方される不安や緊張を和らげる薬だった。腰痛への投与は認められているが、高齢者への投与は、重い副作用がある場合が多いため、慎重に行う必要がある。

「この薬を飲むと、頭はボーッっとするし、だるくて動けないし、食欲もなくなるし、何もできなくなってしまうのです。かといって飲まないと痛くて、トイレに行くのも大変です」

 およそ1年前、男性は、“奇跡のように腰痛を治療する”ことで知られる、有名整形外科医のもとを受診した。

 診断は「脊椎管狭窄症(せきついかんきょうさくしょう)」。身体への負担が小さく、日帰りで行える内視鏡手術を受けた。