誰でもできるけれど、誰もやっていない「年収1億円の習慣」。年収1億円以上の人の「習慣」には、ある「共通のルール」があります。でも、その「習慣(ルール)」を行うのに、特別な才能もいりませんし、最初にお金が必要になることもありません。誰でもできる「シンプルな習慣」を、あなたが身につけさえすれば、年収1億円は、実現可能なのです。

【年収1億円の習慣】
落ち込んでいいのは、最長「3分」まで

私は、仕事でうまくいかないことがあっても、「落ち込む」ことはありません。
厳密に言えば落ち込むのですが、落ち込みや不安、悲しみなどのマイナスの感情が湧き起こっても、「最短1秒」で気持ちを切り替えることができます。

もちろん、最初から「1秒」で立ち直れたわけではありません。
昔は、自分のふがいなさや、職場での理不尽を消化できずに、四六時中、クヨクヨ、クヨクヨ悩んでいたこともあります。

ですが、「心配事は、いくら悩んだところで、1ミリも解決しない」ことに気がついてからは、悩んだり、迷ったり、落ち込んだりする時間を極力なくす努力をしています。心配事を解決する唯一の方法は、「行動すること」です。

私は、落ち込みを防ぐ、鬼の「山下ルール」をつくって、「落ち込むこと」より「解決すること」に時間をかけています。