「消滅可能性都市」からの脱却

豊島区役所と一体化した「ブリリアタワー池袋」(南池袋二丁目)は、躍進する「東池袋」駅周辺のシンボルに

 東京メトロ有楽町線「東池袋」駅周辺は、豊島区最大のタワーマンション街に変貌を遂げた。現在も新たな再開発物件の工事が進み、名実ともに区の中心地となりつつある。

 4年前、東京23区で唯一、日本創成会議によって「消滅可能性都市」とされた豊島区は、それを警鐘と受け止め、本腰を入れて人口維持・地域活性化に取り組むようになった。

 単身者の流動性の高さが特徴だった人口構造を、子育て層を呼び込むことにより、持続発展都市に組み替えていくことが主眼となる。

 池袋のランドマークといえば、40年前に開業した60階建て・高さ240mのサンシャインシティだが、今では周辺にできた再開発事業によるタワマンが目立つ。子育て層も多く暮らすこうしたタワマンは、「持続可能性都市」を目指す豊島区にとっては、まさに救世主のような存在でもある。

 行列が絶えなかったもりそば(つけ麺)の名店「東池袋大勝軒」(2007年閉店)跡地近くにはアウルタワー(52階建て)が、豊島区立中央図書館のあるライズシティ池袋にはエアライズタワー(42階建て)がそれぞれ立っている。後述するブリリアタワー池袋とともに、いずれも「東池袋」駅直結のタワマンだ。さらにもう1棟、都電荒川線「東池袋四丁目」停留所にも近い、現在閉鎖中の4番出口直結タワマン(36階建て)の建設工事も始まった。

再開発工事中の造幣局跡地から見た東池袋四丁目再開発地域。池袋のランドマーク「サンシャインシティ」をしのぐ存在感のタワマン2棟(左)。「東池袋」4番出口直結タワマンの建設工事現場付近(右)。