疲れたときに甘い物をとるのは認知機能を低下させる?
疲れたときに甘い物をとるのはアメリカの抗加齢医学会の最新報告によると認知機能低下を招く生活習慣の1つとされている(写真はイメージです) Photo:PIXTA

近年、認知症の患者は増え続けている。厚生労働省によると、2025年にはその数は700万人を超えるとされており、これは65歳以上の5人に1人が認知症になる計算だ。一方で、年をとってもいつまでも見た目が若々しく、頭の回転が速い人もいる。このように、認知症になる人とならない人では、一体何が違うのだろうか。『ボケない人がやっている 脳のシミを消す生活習慣』(青春出版社刊)の著者・本間良子医師/本間龍介医師が認知症になる原因を解き明かし、日常で気をつけるべき習慣について解説する。

「健康的な生活」が脳を老化させていた!

□頭が疲れたときは甘いものをとる。
□認知症予防に、DHA・EPAがとれるという「ツナ缶」をよく料理に使う。
□部屋が暗いと目が悪くなるから、夜は照明を明るくする。

 普段このような生活をしていないだろうか。実は、アメリカの抗加齢医学会の最新報告によると、これらはすべて脳に悪く、認知機能低下を招く生活習慣とされている。「健康のため」と思ってやっているはずの習慣が、実は脳に悪影響を及ぼしているかもしれないのである。