退職時に人が答えを出さなければならない最も難しい問いの一つは、恐らく最も単純な問いでもある。それは「私は何者か」ということだ。