いまから29年前のこと――武蔵野社長・小山昇は毎晩悩んでいた。
まわりは暴走族上がりの落ちこぼれ社員ばかり。「勉強しろ」「すぐやれ」と言っても絶対やらない。勤務形態も超ブラック。1989年社長就任時の売上は7億円。「このままいくと武蔵野は危ない」と誰もが思っていた。小山が「日本経営品質賞」を狙うと宣言したとき、みんながせせら笑った。
しかし、2000年度、2010年度に日本で初めて「日本経営品質賞」を受賞すると運命が一変!
JR新宿駅直結のミライナタワーにセミナールームをオープン。経営サポート事業が軌道に乗り、指導企業は700社を超え、倒産企業はゼロ、5社に1社は過去最高益。直近売上は70億円、経常利益は6億3000万円、売上高経常利益率は9%(販促費8億4900万円を計上しているので、実質売上高経常利益率は21%)。
売上7億円を70歳で70億円にした小山昇が、社長就任以来大切にするのが「数字は人格、お金は愛」という経営哲学だ。これは一体どういうことか?
注目の書籍『お金は愛――人を育てるお金、ダメにするお金』に際し、記者が小山氏を直撃した。すると……
「みんな【お金は愛】という意味を勘違いしている。いまこそ、“生き金”と“死に金”のほんとうの意味を知っておかないと、社長も社員も路頭に迷うことになる。今回、経営や仕事だけでなくプライベートのお金の話にも深く踏み込んだ。「死に金」を「生き金」に変えた30社超の事例も載せた。これまで一切触れてこなかった、お金と給料、お金と人材、お金と社員教育、お金と経営、お金と金運、お金と時間、お金と遊び、お金とお酒、お金と夫婦、お金と子育て、お金と家、お金とマナー、お金と健康などをすべて出し尽くした。“生き金”と“死に金”の分水嶺と、人を育てるお金、ダメにするお金の本質を知ってほしい」という。
なぜいま、“お金は愛”なのか。その真意を小山社長に語っていただこう。(構成:寺田庸二)。

社長は社員へ、愛をお金で示すべきです。

小山 昇(こやま・のぼる)
株式会社武蔵野代表取締役社長
1948年、山梨県生まれ。東京経済大学卒。「大卒は2人だけ、それなりの人材しか集まらなかった落ちこぼれ集団」を16年連続増収の優良企業に育てる。現在「数字は人格、お金は愛」をモットーに、700社以上の会員企業を指導。5社に1社が過去最高益、倒産企業ゼロとなっているほか年240回以上の講演・セミナーを開催。日本で初めて「日本経営品質賞」を2回受賞(2000年度、2010年度)。
『数字は人格』『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』『強い会社の教科書』『【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!』『残業ゼロがすべてを解決する』『1日36万円のかばん持ち』などベストセラー多数。

 では、株式会社武蔵野では、どのような仕組みで愛を示しているのか。

 わが社の給料は等級制度をベースにしています。
 等級は、入社以来の過去の実績によって決まる。
 過去の実績で、長く勤めればおのずと基本給が上がる。

 つまり年功序列です。

 武蔵野は成果主義の会社だと思われがちですが、
毎月の給料が成果によって変動すると生活設計ができません。

 子どもが塾に行っているのに、
「今月はお父さんの働きが悪かったから塾はお休み」というわけにはいかない。

 毎月の給料を成果主義にすると、古参の社員が不満を溜めます。
 子どもが大学生のときが最もお金がかかるから、
基本給は年功序列でケアすべきです。

 とはいえ、すべて年功序列にするのは逆に不公平。

昇進に関しては徹底した実力主義です。

 優秀な社員なら勤続2年目(2等級)で課長になります。
 課長の仕事をしているのに給料が2等級では社員も納得できません。

 そこで「どういう仕事をしているのか」の職責に応じてグループ手当をつけます。
 これで勤続年数が短い社員も、責任にふさわしい給料をもらえます。

 一方、賞与は成果主義で、「今期はどれだけ頑張ったのか」の評価で額が決まります。
 評価は、S、A、B、C、Dの5段階(3段階になるときもある)。
 職責のグループごとにS評価ならいくら、A評価ならいくらと額が決まっています。

 取締役の佐藤義昭は、本部長だった当時、

賞与が最も少ないときで10万円、
最も多いときで420万

でした。

 同じ職責でも成果によって賞与額が40倍以上違うのだから、
「出世したからもう大丈夫」と気を抜くわけにいかない。

 少しでも評価を上げようと、社員は目の色を変えて頑張ります。