企業不祥事にベテランが
手を染める理由とは

 筆者もこれまでいろいろな企業の「危機」に関わってきたので、これは非常によくわかる。

 例えば、神戸製鋼ではないが、その世界では常識的にはありえないような不正やインチキを、新人などではなく、経験豊富なベテランが手を染めるというのは、企業不祥事ではよくあるパターンだ。

 なぜそんなバカな真似をしたのかと尋ねると、たいがいそのベテランはこんなことを言う。

「ノルマを達成しなくてはいけなくてはと追い詰められていた。あと少しで目標が達成できると思ったらついやってしまった」

 つまり、ハードな目標やノルマのまわりでは、このような「危機」が起こる可能性が非常に高いということである。

 経営者やマネジメント層が「悪魔はゴールの近くに潜んでいる」という言葉を肝に銘じながら、現場が悪魔のささやきにのせられないように、それを未然に防ぐような体制づくりをする。実はそれこそが、本当の意味での「危機管理」なのだ。

 このように、「生き残ってきた人」である小西氏の経験から導き出される危機管理は、ビジネスにも多くが応用できる。生き馬の目を抜く世界で、「生き残り」のヒントを探す方はぜひ参考にしていただきたい。