風疹の予防接種
写真はイメージです Photo:PIXTA

 風疹が流行している。患者数は少ないが、妊娠初期の女性が感染すると胎児に重い障害が残る可能性があるため、問題は深刻だ。風疹は予防接種が義務化されているのだが、過去には義務化されていなかったため、予防接種を受けていなかった大人を介して広まっているのだ。

 ところで、なぜ風疹の予防接種は義務なのか。その理由として、「義務にしないと男性は予防接種を受けず、男性の間で風疹が流行して女性が感染しやすくなるから」「受けた人が損をして受けなかった人が得をすることになりかねないから」「医者が後遺症を恐れて予防接種をしたがらないから」の3つがあると考えている。

 以下、1つずつ検討していこう。途中で理屈っぽいところもあるが、適宜飛ばしてお読みいただければ幸いだ。