いまから29年前のこと――武蔵野社長・小山昇は毎晩悩んでいた。
まわりは暴走族上がりの落ちこぼれ社員ばかり。「勉強しろ」「すぐやれ」と言えば真逆のことをする。にっちもさっちもいかない日々が続き、勤務形態も超・超・超ブラック。社長の心も社員の心もすさんでいた。1989年社長就任時の売上は7億円。「このままいくと武蔵野は危ない」と誰もが思っていた。
しかし、2000年度、2010年度に日本で初めて「日本経営品質賞」を2度受賞したとき、運命は一変した。経営サポート事業が軌道に乗り、指導企業は700社を超え、倒産企業はゼロ、5社に1社は過去最高益に。昨年、JR新宿ミライナタワーにセミナールームをオープン。直近売上は70億円、経常利益は6億3000万円、売上高経常利益率は9.0%(販促費として8億4900万円を計上しているので、実質売上高経常利益率は21.0%)。この規模でこの数字は異常かもしれない。
売上7億円を70歳で70億円にした小山昇が、創業以来大切にするのが「数字は人格、お金は愛」という経営哲学だ。これは一体どういうことか?
発売たちまち話題沸騰の書籍『お金は愛――人を育てるお金、ダメにするお金』に際し、担当編集が小山昇を直撃した。すると……
「みんな【お金は愛】という意味を勘違いしている。決して金の亡者になることではない。その真逆のことを書いた。名経営者と謳われたカルロス・ゴーンもカネの魔力に溺れた。いまこそ、“生き金”と“死に金”のほんとうの意味を知っておかないと、社長も社員も大変なことになる。
この緊急事態を受け、この本は経営や仕事だけでなく、プライベートのお金の話にも深く踏み込んだ。「死に金」を「生き金」に変えた30社超の事例も載せた。これまで一切触れてこなかった“お金と子育て”“お金と夫婦”“お金と遊び”など、正直、ここまで書いていいのか迷ったが、すべて出し尽くした。私も70歳を迎え、家族が食べる分は十分稼がせていただいた。ぜひ若い人たちに“生き金”と“死に金”の分水嶺を知ってもらい、人を育てるお金、ダメにするお金の本質を知ってほしい」という。もしかしたら小山昇は真の意味で「愛の人」なのかもしれない。
なぜいま、「お金は愛」なのか。その真意を小山社長に語っていただこう。(構成:寺田庸二)。

賞与は振込ではなく手渡し

小山 昇(こやま・のぼる)
株式会社武蔵野代表取締役社長
1948年、山梨県生まれ。東京経済大学卒。「大卒は2人だけ、それなりの人材しか集まらなかった落ちこぼれ集団」を16年連続増収の優良企業に育てる。現在「数字は人格、お金は愛」をモットーに、700社以上の会員企業を指導。5社に1社が過去最高益、倒産企業ゼロとなっているほか年240回以上の講演・セミナーを開催。日本で初めて「日本経営品質賞」を2回受賞(2000年度、2010年度)。
『数字は人格』『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』『強い会社の教科書』『【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!』『残業ゼロがすべてを解決する』『1日36万円のかばん持ち』などベストセラー多数。

年2回の賞与支給日、武蔵野の社内は少し浮き足立っています。
賞与の額に一喜一憂しているから?

いえ、社員は自分で賞与の計算をしているので、自分がいくらもらえるのかをとっくに把握しています。

それでも気がそぞろなのは、
賞与が現金手渡しだからです。

ぶ厚い封筒を実際に手にした社員は自然とニコニコするし、封筒がペラペラだった社員は悔しそうな顔をしている。
銀行振込では、ここまで表情が変わらない。

現金の威力です。

なぜ賞与は現金で手渡しなのか。

ひとつは、家庭内での地位向上のためです。

いまのように銀行振込が一般的でない時代、社内で威張っていたのは、
売上が一番多い営業マンではなく、お客様から回収してきた金額が最も多い営業マンでした。

かつての家庭内も同じ。給料が銀行振込でなかった時代は、
給料日に現金を持って帰ってくるお父さんが一番偉かった。

しかし、いまは時代が変わり、
子どもは銀行からお金を引き出してくるお母さんが一番偉いと思っています。

普段はそれでもかまいませんが、
せめて年2回くらいはお父さんに花を持たせてやりたい。

もちろん働くお母さんも同様です。稼いできた人が、
それにふさわしい扱いを家庭内で受けられるように、現金で手渡ししているのです。

小山家は、妻が“天皇陛下”。
私は普段、まったく頭が上がりません。

ただ、給料日は母娘で直立してお金を受け取っていた。
これも給料が現金だったおかげです。