元彼の誘いはマルチ商法でした…
写真はイメージです Photo:PIXTA

疎遠な人からのお誘いは
ほぼ100%疑ってかかるべし

「今度の木曜日、遅くなるよ」

 夫の秀紀さん(仮名・45歳)が律儀に申告してきた。遅くなるのはいつものことだし、來未さん(仮名・43歳)も申告を求めたりはしない。そこをあえて言ってくるのはほぼ100%「どうしたの」と聞いてほしいときだ。

 尋ねてみると、大学時代の先輩から「久々に会って話がしたい」と電話があったという。

「ふーん、その人って仲良かったの」

「いや、全然。っていうか、お互い、たぶんあんまり好きじゃなくて、ほとんど話したことないんだけどね。懐かしいんだって」

「ほう」

「なんかへんだよね」

「うん。私の経験上、長く会っていなかった人、あるいは、あまり仲がよくなかった人から連絡が来る理由は2つだけ。“勧誘”か“借金の申し込み”だよね。勧誘は、マルチ商法、保険、選挙期間中ならひいきの候補や政党をよろしくみたいな。新興宗教系の信者は結構熱く語ってくるよねー」

 來未さんの脳裏に、ある冬の、不愉快な記憶がよみがえってきた。