――WSJの人気コラム「ハード・オン・ザ・ストリート」 ***  アップルの利益率は、電子機器業界では長らく羨望(せんぼう)の的だった。高水準の利益率を確保することで、アップルは今、時価総額で世界首位からの転落という代償を支払っているのかもしれない。  アップルは2日、「iPhone(アイフォーン)」販売の不振を受けて、およそ17年ぶりとなる売上高見通しの下方修正を余儀なくされた。