テクノロジー業界にとって、2018年はこれ以上悪くなりようがない年だった。2019年は「テクノロジーは本当に世界の役に立つ」という楽観論が戻ってくる。