米軍はシリアからの撤退準備を当初の予定に沿って継続していると国防総省当局者らが明らかにした。トルコとの協議が難航し撤退には遅れが生じるとみられるが、トランプ氏が12月に指示した命令に従い作業を進めているという。  。トルコを訪問したボルトン氏の発言に同国政府が反発したことで、撤退計画には混乱が生じている。  だが、当局者らによれば国防総省は新たな指示を受けたわけではなく、当初の撤退計画通りに準備を進めている。