Mate20

 今回レビューするスマートフォンは、ファーウェイの「HUAWEI Mate 20 Pro」だ。AIの処理能力を高めた最新プロセッサー「Kirin 980」と、Leica監修のトリプルカメラを搭載するハイエンドモデルで、まずSIMフリー版(実勢価格は12万830円)が2018年11月30日に発売された。1月11日にはソフトバンク版(月月割適用後の実質負担額は6万9120円)も発売され、SIMフリーとキャリアモデルが選べるようになっている。

Mate20
約6.39型の有機ELディスプレーを搭載。上部のノッチはやや広め

 海外でも高い評価で売れていることもあり、日本でも注目の集まっている端末だが、“ファーウェイ、大丈夫なのか?” と心配する人も少なくないだろう。12月に入って以降、カナダでCFOが逮捕されたり、アメリカの要請を受けて、日本政府が中国メーカー製の通信機器を排除する方針を示したり、いわゆる “ファーウェイ問題” が報じられている。

 与党関係者が「ファーウェイ製品を分解すると余計なものが見つかった」とする報道もあったが、ファーウェイ日本法人が、それを「根拠のない報道」として否定している。ファーウェイ問題は米中の政治問題で、そこに日本が巻き込まれているという見方も強い。いまのところ、コンシューマー向けのデバイスの販売には影響はなさそうだが、今後の情勢も見守るべきであろう。

 前置きが長くなったが、筆者は10月16日にロンドンで、この「HUAWEI Mate 20 Pro」が発表されて以来、いち早くサンプル機を借りて、使い勝手を試す機会に恵まれた。日本向けモデルも含めて、約2ヵ月ほど使った率直な感想を述べたいと思う。

撮る楽しさを広げてくれる超広角カメラ

 HUAWEI Mate 20 Proの最大の魅力は、Leicaとの共同開発によるトリプルカメラに尽きる。3つのカメラは、焦点距離27mm(35mm換算)の広角カメラ(約4000万画素/F1.8)、焦点距離16mmの超広角カメラ(約2000万画素/F2.2)、焦点距離80mmの望遠カメラ(約800万画素/F2.4)という組み合わせ。

Mate20
背面のカメラ部は、トリプルレンズとLEDフラッシュを組み合わせてシンメトリーデザインに

 ちなみに、6月にドコモから発売された「HUAWEI P20 Pro」もLeicaのトリプルカメラを搭載している。ただし、超広角カメラは搭載されておらず、約4000万画素(カラー)+約2000万画素(モノクロ)+約800万画素(カラー/望遠)という組み合わせだ。

 HUAWEI P20 Proでは、カラーとモノクロの2つの画像センサーが捉えた情報を融合して高画質を実現していたが、HUAWEI Mate 20 Proでは、カラーセンサーだけで Leica画質を実現しているとのこと。その結果、新たに超広角カメラを搭載できたわけだ。

 モノクロセンサーがなくなったことによる画質への影響だが、筆者が撮り比べた限りでは、大きな差はないと感じている。HUAWEI Mate 20 Proには、AIによる被写体・シーンの認識機能があるが、AI認識による自動設定が改良されたようで、従来よりも自然な色の画像に仕上がる印象だ。

Mate20
HUAWEI Mate 20 Proで「マスターAI」をオンにして「写真」モードで撮影。自然な色調で撮れる
Mate20
HUAWEI P20 Proで撮った作例。空の青が強く出る

 新たに追加された超広角カメラは、誰もが気にいること請け合いだ。広い画角で景色を撮影できることはもちろん、近い距離で建物を見上げるように撮ったり、超広角レンズ特有のパース(歪み)を生かして、遠近感を強調させた写真を撮ったりすることもできる。

Mate20
超広角で撮影
Mate20
広角で撮影
Mate20
望遠(光学3倍ズーム)で撮影
Mate20
グローバルの発表会が行なわれたロンドンで撮った作例。遠近感を強調した写真が撮れる
Mate20
広い見せたい部分を強調するなど、構図の自由度が高まることも魅力
Mate20
ただワイドに撮れるだけでなく、AIによる自動設定も併用できる

 デジタル一眼レフやミラーレス一眼を使っていても、焦点距離16mmで撮るには、それなりの価格のレンズを別途購入しなくてはならない。HUAWEI Mate 20 Proは、レンズを付け替えたりすることなく、気軽に超広角から光学3倍ズームを切り替えて撮影できるのだ。しかも、光学ズームとデジタルズームと超解像技術を融合するハイブリッドズームにより、5倍ズームまでは画質をほとんど劣化させずに撮影できる。

 もちろん、絞り値を設定して背景ボケをコントロールできる「ワイドアパーチャ」や、HUAWEI P20 Proで好評だった「夜景」モードも健在。インカメラはLeica監修ではないが、約2400万画素センサーで画質は良好。「ポートレート」モードは、ユーザーが好みのビューティー補正を調整できるようになっている。カメラの性能は、現在日本で買えるスマホの中で1、2を争うレベルと言って差し支えないだろう。

Mate20
超広角カメラの搭載により、被写体に約2.5cmまで近づける「スーパーマクロ」撮影も可能に
Mate20
「ワイドアパーチャ」で撮影した写真は、撮影後にボケを調整することも可能
Mate20
「夜景」モードで撮影した作例。約4秒の間に複数枚が撮影されて合成される仕組みだが、AI手ブレ補正の恩恵で、手持ちでシャープな画質で撮れる
Mate20
カメラをかざすだけで食べ物のカロリーを調べたりできる「AI Vision」という新機能も追加されている

約6.39型の有機ELディスプレーは指紋認証にも対応

 HUAWEI Mate 20 Proは約6.39型の有機ELディスプレーを搭載。アスペクト比は19.5:9で、解像度は3120×1440ドット。縦に長い画面の上部にノッチ(切り欠き)を設けた昨今流行りのスタイルを採用している。

 これまでのファーウェイのスマホは、フロントパネルがフラットだったが、HUAWEI Mate 20 Proは3Dガラスを採用し、左右のエッジ部にカーブが施されている。手にした印象は、Galaxy S9などに近い。慣れないうちは、本体を握ったときに指先がカーブに触れると誤操作が生じることもあるだろう。しかし、同梱のクリアケースなど、スマホケースに収めると、指先が誤まって触れることはなくなるはずだ。

Mate20
サイズは約H157.8×W72.3×D8.6mmで、重さは約189g。大画面のわりにはスリムで、片手でしっかりつかめる
Mate20
同梱のクリアケースを着けた状態

 カラーバリエーションは、SIMフリー版はミッドナイトブルーとトワイライト、ソフトバンク版はミッドナイトブルーとブラックから選べる。ミッドナイトブルーは細かい斜線がデザインされていて、ガラスながら滑りにくく、指紋が付きにくいことも特徴。派手さを重視するなら、光の当たり方によって表情が変わるグラデーションカラーのトワイライトがおすすめだ。

Mate20
左がトワイライトで、右がミッドナイトブルー
Mate20
音量ボタンと電源ボタンは右サイドに搭載
Mate20
底部にUSB Type-Cポート。イヤホンジャックも兼ねる

 前モデルのHUAWEI Mate 10 Proは背面に指紋センサーが搭載されていたが、HUAWEI Mate 20 Proはディスプレー上で指紋を認証する新しい方式を採用している。画面オン・オフを問わず、本体を手にすると画面に指紋マークが表示され、指紋を登録した指先でそれをタッチするとロックを解除できる。ロック解除の所要時間は、従来の指紋センサーと同等か、ちょっとだけ遅いかなという程度。端末を机の上に置いたままでロック解除できることも利点だ。

Mate20
指紋センサーは、ディスプレーの中心から少し下に搭載。親指で触れやすい位置だ

 なお、HUAWEI Mate 10 Proは、3Dの顔認証にも対応している。顔認証と指紋認証は併用でき、顔認証のほうがスピーディーにロックを解除できる。普段は顔認証を用いて、マスクを着用しているときに指紋認証を用いるなど、使い分けるのが望ましいだろう。

最新チップ「Kirin 980」による
ストレスのない操作感も魅力

 HUAWEI Mate 20 Proに搭載されている最新チップセット「Kirin 980」は、9月に発表された時点では「世界初の7nmプロセスで製造されたチップセット」とアピールされた。実際に製品に搭載されたものとしては、iPhone XS/XS Maxに搭載された「A12 Bionic」に先行されたが、発表時点では世界初で、製品搭載としてはAndroidスマートフォン初の先進的なチップセットだ。AIに特化した処理をするNPU(ニューラル・ネットワーク・プロセッシング・ユニット)が前モデル「Kirin 970」の1個から2個に増えたこともセールスポイントとしている。

 ここでは、その詳細な仕様についての説明は避けるが、操作感はきわめて軽快で、動きを良くするために起動中のアプリを終了させたり、メモリーを開放したりする必要性はないだろう。スマホを動作性を表す際に「サクサク」「ヌルサク」「キビキビ」といった言葉が使われるが、HUAWEI Mate 20 Proでは、どの言葉も当てはまらないように思った。かつてのスマホにあった、ちょっとしたストレスさえ忘れてしまうほどに快適で、それが自然に思えるほどだ。

 実感レベルでは一切不満を感じることがないので、ベンチマークも測定してみた。スマホの処理速度を比較するために用いられることが多い「AnTuTu Benchmark」アプリで測定した結果、27万を超える高スコアを記録した。

Mate20
「AnTuTu Benchmark」アプリで3回測定した最高スコアは「272378」だった。なお、Kirin 980は最大2.6GHzのオクタコアCPUで、RAMは6GB

急速充電やDSDV
防塵・防水にも対応

 内蔵バッテリーは4200mAhで、電池持ちは非常に良い印象。朝フル充電で出かけて、その日のうちに電池がなくなることはまずない。付属の充電器を使うことで最大40Wで高速充電ができる「HUAWEI SuperCharge」にも対応。30分で最大70%をチャージできることを公表しているが、実際に充電すると、見る見るうちに電池残量を増えるといった感じで、就寝時に充電をし忘れても、朝の身支度の間に充電したり、電源があるカフェで充電したりもできる。

Mate20
充電は面白いほどに早い。ちょっとした空き時間に、満充電にできる

 個人的にはワイヤレス充電に対応したこともありがたかった。職場のデスクにiPhone Xを充電するためにスタンド型のワイヤレスチャージャーを置いているのだが、それをHUAWEI Mate 20 Proの充電にも使えるからだ。さらに、HUAWEI Mate 20 Proは “ワイヤレス逆充電” にも対応している。HUAWEI Mate 20 Proの「設定」で「ワイヤレス給電」をオンにして、背面にワイヤレス充電「Qi」に対応するデバイスを載せるだけで充電できるのだ。まだ、実際に役に立ったことはないが、自分のiPhone Xを充電したり、電池残量がピンチになった人を助けてあげたりできそうだ。

Mate20
「設定」→「電池」→「ワイヤレス給電」をオンにするだけで、ワイヤレス逆充電ができる

 SIMスロットには2枚のnanoSIMを装着でき、DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応している(ただし、au VoLTEはソフトウェアアップデートで対応予定)。2枚目のSIMの代わりに「HUAWEI NMカード」というnanoSIMサイズのメモリーカードを装着することも可能だが、Amazonなどのオンラインストアをチェックしたところ、microSDカードよりも割高だ。内蔵ストレージが128GBなので、動画を撮ったり保存したりすることが多くなければ、NMカードは必要ないだろう。

Mate20
SIMスロットは両面に1枚ずつnanoSIMをセットできる仕様

【まとめ】10万超えの価格も納得のデキ

 HUAWEI Mate 20 ProはIP68の防塵・防水にも対応している。2つの周波数を同時に受信する高精度なGPSも搭載。デュアルスピーカー(ノッチ部と本体底部)を搭載し、音も結構迫力がある。FeliCa(おサイフケータイ)には対応していないが、NFCは搭載されている。

 12万830円(税込)という本体価格は、一見高く思えるかもしれないが、6.5型ディスプレーのiPhone XS Maxの価格(SIMフリーの64GBモデルが13万4784円、256GBモデルが15万3144円)と比べると、妥当な価格設定といえる。また、前モデルのHUAWEI Mate 10 Proや、2018年6月に発売されたHUAWEI P20なども、いまでも十分にハイエンドなので、Leica搭載モデルをお手頃価格で買いたいならば、そうした型落ちモデルを狙うのも得策だろう。

Mate20