コンビニで悩む女性
Photo:PIXTA

『週刊ダイヤモンド』1月26日号の第1特集は「バラマキ7000億円を取り戻せ!!最新税攻略法」です。今年10月に予定されている消費増税の対策として導入される軽減税率。生活必需品などあらかじめ定められた一部の商品に限って消費税を低くする仕組みのことですが、その線引きはとても分かりづらいものになっています。そこで、今回軽減税率が適用される商品はどういったものか。図と一緒に分かりやすく解説します。(本記事は特集からの抜粋です)

 消費税が8%から10%に引き上げられるまであと9ヵ月弱。それと同時に、生活必需品など一部の商品に限って8%のままで据え置かれる軽減税率が導入される。

 同じような商品であっても標準税率の10%が課されたり、場合によっては8%の軽減税率が適用されたりと、その線引きは分かりづらい。消費者だけではなく、事業者の混乱も必至だろう。

 そこで、少しでも混乱を避けるために、現時点で明らかとなっている点について見ておこう。