昨年のトヨタの
インパクトが強すぎた

パナソニックの出展パナソニックの出展

 こうした本来は多彩であるべきMaaSが、「CES2019」では、すっかり一色に染まってしまったのだ。昨年の「CES2018」では、乗用車を使って、いかに自動運転が現実化できるのかというデモが主流であった。それが一変していたのだ。

 その変化の理由は、昨年のトヨタにあると言っていいだろう。

 昨年、トヨタは社長である豊田章男氏のプレゼンで「e-Palette Concept」を発表した。箱型のEVであり、無人タクシーにもなるし、無人配送も可能。移動店舗にもなる。無人で走るだけでなく、さまざまなサービスができることを提案したのだ。

デンソーの出展デンソーの出展

 その提案はインパクトが強かった。

 なぜなら、MaaSという概念は、あまりに新しく、そして裾野が広い。正直、初めて聞く人には、具体的なイメージがつかみにくいはずだ。そんなところに、トヨタは「e-Palette Concept」という現物を出して、「これぞMaaSだ」と提案したのだ。「これは分かりやすい」と、世界中のメーカーが飛びついたのも無理はない。

 それが今年の「CES2019」と言えるだろう。