とはいえ、現在では、この方も人間関係を見直し、活躍している。

 これらの失敗話をしてくれた営業マンの方々は痛い経験を生かし、再浮上してきた強者(つわもの)たちである。

「悲惨な話」だとしても、貴重な「教訓」として聞くことができる。

 しかし、多くのトップ営業マンたちはそのまま消えてしまっているのもまた事実だ。

2回の離婚で苦労し
トップで活躍できなくなった人も

「超一流の営業マンが見えないところで続けている50の習慣」(青春出版社刊)、菊原智明著、224ページ、1512円(税込み)

 私が尊敬していたある住宅営業のトップ営業マンは成績こそ素晴らしかったものの、2回離婚を経験し、プライベートでは大変苦労をしていた。

 それだけが原因ではないが、その後の活躍は耳にしなくなった。本来なら全国の成績優秀者リストに名を連ねる有名営業マンのままだったはずだ。

 才能ある人がトップから陥落する原因は“営業活動以外”にあることが多い。

 せっかくの努力が営業とは関係ないことに足を引っ張られ、水の泡になってしまう。これほど後悔することはないだろう。

 今日、さっそくあなたの近くのトップ営業マンの失敗談を聞いてみてほしい。うまくいった話より何倍も参考になったりする。

 トップ営業マンの「あれだけはやめておけば良かった」を知り、“転ばぬ先の杖”としてほしい。