著者累計700万部突破のベストセラー作家で、新刊『大富豪からの手紙』でも8万部突破の著者・本田健さん。そして、世界的に知られる「おもちゃ」コレクターの第一人者であり、テレビ「開運!なんでも鑑定団」に鑑定士として出演されている北原照久さん。本田健さんが『大富豪からの手紙』で取り上げた「人生で大切にしたいテーマ」について、お2人に語り合っていただきました。

たった「ひと言」が人生を変える

北原照久(きたはら・てるひさ)
ブリキのおもちゃコレクターの第一人者
1986年4月、横浜山手に「ブリキのおもちゃ博物館」を開館。2003年11月より6年間、フロリダディズニーワールドにて「Tin Toy Stories Made in Japan」のイベントを開催。現在はテレビ東京『開運!なんでも鑑定団』に鑑定士として出演。また、ラジオ、CM、各地での講演会などでも活躍中。横浜、河口湖、仙台松島に博物館を展開。羽田第一ターミナル、京橋エドグランなどにもギャラリーを展開。株式会社トーイズ代表取締役。

本田:北原さんは、おもちゃのコレクターであると同時に、「言葉のコレクター」でもあります。『たった一言が人生を動かす 88の名言』(桜雲社)、『こころに響く100の言葉』(サンクチュアリ出版)、『珠玉の日本語・辞世の句 コレクター北原が厳選した「言葉のチカラ」』(PHP)など、「言葉」を取り上げた著作も数多く出版されています。普段から、「言葉の力」をとても大切にされていらっしゃいますね。

北原:僕は、「言葉が人を変える」と思っていて、「前向きで、力になる言葉」を発信することをライフワークにしています。
じつは僕、15歳までは、結構ワルくて、「不良」のレッテルを貼られていました。義務教育である中学を一度退学になっているんですよ(笑)。

本田:中学校を退学ですか?

北原:そう。さすがにヘコみました(笑)。とにかく勉強が大嫌いで、小学校から落ちこぼれ。いつも世の中を斜めに見ていて、心も荒んでいた。高校に上がるまでは、毎日、ケンカばかりしていました。「類は友を呼ぶ」で、心がマイナスな者同士、同じ波動を持つ同士、引き合うのでしょうね。不思議と、ケンカするような相手とばかり出会っていましたから。

本田:いつ「不良」を卒業したのですか?

北原:僕を救ってくれたのは、私立本郷高校の沢辺先生です。なんとか高校には入れたものの、最初はアルファベットさえ読めないし、書けない(笑)。そんな僕が沢辺先生の「ひと言」をきっかけに一念発起したんです。

本田:先生は、どんな「ひと言」を言われたのですか?

北原:高校1年の中間試験のとき、「丸を付けるだけ」の選択問題だったので適当に解答したら、奇跡の、60点! すると、沢辺先生が、「北原、すごいじゃないか! おまえは、やればできるやつなんだよ。みんな、見てみろ。北原が60点取ったぞ!」と、それは、それは、心から喜んでくれたんですね。