人は褒められたり、認められたりすると頑張れる

本田健(ほんだ・けん)
作家
経営コンサルタント、投資家を経て、育児生活中に作家になるビジョンを得て、執筆活動をスタートする。「お金と幸せ」「ライフワーク」「ワクワクする生き方」をテーマにした1000人規模の講演会、セミナーを全国で開催。インターネットラジオ「本田健の人生相談~Dear Ken~」は3500万ダウンロードを突破。著書は、100万部を突破した『ユダヤ人大富豪の教え』(大和書房)など、著書は130冊以上、累計発行部数は700万部を突破している。2017年にはアメリカの出版社Simon & Schuster社と契約。初の英語での書下ろしになる著書はヨーロッパ、アジアなど世界25ヵ国以上の国で発売されることが決まっている。(Photo by 森藤ヒサシ)

北原:僕はそれまで、人から褒められたことがなかったから、それはもう、嬉しくて。人は褒められたり、認められたりすると頑張れるんですよね。

僕は根が単純だから、褒めてもらいたくて勉強を続けたら、高校3年生のときには「学年トップ」になって、卒業式では「総代」として謝辞を読むまでになれたんです。それからは、マイナスの波動がプラスの波動に変わって、出会う人も素敵な人ばかり。「心が荒んだ人」と出会うことはなくなりました。

本田:先生の「やればできる」という言葉が、北原さんの心の中に強く響いたわけですね。

北原:「気持ちひとつでこれだけのことができた」という自信が持てました。

本田:「自分にもできることがある」と気づくと、人生が大きく変わる気がします。「自分に自信がないから、何もできない」と思っている人はとても多いけれど、北原さんのような成功者でも、最初から自信満々だったかというと、そうではなかったのですよね。自信というのは、まわりの人に感謝されたり、評価されてはじめて、少しずつ身に付いていくものだと思います。