はじめに、リーフのよいところを列挙してみましょう。まず、車としての性能は非常に快適だということ。知人の車に乗せてもらっての感想ですが、ガソリン車やハイブリッド車と比べて車内は静かだし、走行性能も加速がいい上にとても安定しています。知人に言わせると、床下の部分に重たいバッテリーが敷き詰められている構造で、そのぶん重心が低くて安定した走行ができるというのです。

 次に、リーフは燃料費が高くない。正確に言うと、日産が提供している充電の定額プランのお蔭で、月2160円で急速充電を使い放題になるのです。普通に出勤に自家用車を使っているような人ならば、月々のガソリン代が5000円から1万円くらいでしょうから、それと比較すればこの電気定額プランは魅力です。

 ちなみに、我々が電気自動車を買う際には「自宅ガレージに200Vの充電装置を設置する必要があるのかな」と考えますが、実際のユーザーに聞くと「設置したんだけれど、実際は日産のディーラーで急速充電したほうが安いので、自宅のは使っていないんだよね」と言います。急速充電は30分でできるので、それで大丈夫らしいのです。

 価格ですが、一番下のグレードでカタログ価格は324万円、1つ上のグレードで366万円と、それほど高額なイメージではなくなってきました。ちなみに私は、今回の買い替えで最終的に選んだ車のカタログ価格が356万円だったので、価格帯としては十分、検討範囲に入っていたわけです。

EVが克服しなくては
ならない「2つの課題」とは

 ではなぜ、私はリーフを選ばなかったのでしょうか。大きく言うと、2つ理由があります。おそらくその2つは今後、日産が克服しなければいけないリーフの大きな弱点だと思います。

 1つ目の理由は、おそらく世間で広く言われていることだと思いますが、航続距離の制約からロングドライブに向かないことです。私の場合、個人的な車の購入基準は東京から愛知県の実家まで、ノンストップで走れるということです。