多くの経営者は、どうすれば強い財務体質の会社になれるかと悩んでいる。財務体質を強化するには、自己資本を充実させる必要があるが、増資をしたり収益を上げるのは容易ではない。しかし、増資も事業拡大もしないで、自己資本を高める方法があるという。それは「銀行取引」を見直すことだ。銀行から押しつけられている悪条件を解消するだけで、財務体質を改善して自己資本を高めることができるのだ。『社長!カネ回りをよくしたければ銀行の言いなりはやめなさい』の著者に、銀行取引と財務強化のポイントを聞く。

金融庁は個人保証を外すよう
指導している

 銀行から融資を受ける際、交渉してほしいのが担保個人保証です。

「銀行から借りるのに、担保と個人保証がいるのは当たり前でしょう」

 いまだに、銀行借入では、担保と個人保証は絶対に必要なものと思っている経営者がいます。

「うちに来る銀行員は、いつも要求してきますよ」と、経営者は言いますが、それは当たり前です。銀行員の立場であれば、そう言って、「わかりました」と承認してもらえればラッキーなのですから。

 絶対に必要だから要求しているのではなく、駆け引きとして、銀行員は「担保と個人保証をお願いします」というフレーズを使っているだけです。その要求に乗せられている経営者が、いまだにいるわけです。