最近は、ハイテク大手の支配力が当然なものとして受け入れられなくなってきた。その永続性についても同様である。