ビットコインPhoto:Reuters

 ビットコインは今、誕生から10年の歴史で最長のスランプに陥っている。そのため最も熱心な支持者でさえ、仮想通貨で世界中に破壊的影響力をもたらす夢を棚上げし、低迷期を耐えるべく倹約生活を余儀なくされている。

 仮想通貨が「冬の時代」に入った兆候はあちこちに見られる。熱狂的な高値に沸いた2017年から状況は一変した。19日のビットコイン価格は4000ドル(約44万6000円)をわずかに割り込む水準。2017年12月につけた最高値1万9800ドル付近から約80%も下落している。調査会社トレードブロックによると、仮想通貨の時価総額はピークの2018年1月から85%減少。米国最大手の仮想通貨取引所の売買高は15カ月連続で減少している。

 同じように打撃を受けたのが、ウォール街からシリコンバレーまでビジネスのあり方を変えるとしていた多くの企業や技術プラットフォームだ。この若い業界はビットコインのような仮想通貨を発行することで資本を調達する「ICO(イニシャル・コイン・オファリング)」を通じ、数十億ドルの資金を集めて成長してきた。だがICOは今や盛り上がりに欠き、仮想通貨を経済の主流に押し上げるはずだった壮大なハイテク計画の重要な資金源が枯渇しつつある。