宇宙開発で人類を幸せにしたい
東大工学部 後藤愛弓さん 広尾学園(東京)

 小学生のころから理科や算数が好きで、中高一貫の広尾学園に入学。高校から医進・サイエンスコースに進んだ。

 高2のときの放課後は、週に3日バドミントン部で活動。そのほか、高1の文化祭で色素増感太陽電池について発表した後、「p型半導体を含む正極触媒を用いた色素増感太陽電池の高電圧化」の研究に取り組んだ。

「従来のシリコン型太陽電池と比べると、色素増感太陽電池にはコストが安いなど、さまざまなメリットがあるため、実用化を目指しています」

 この研究についてスタンフォード大学でプレゼンテーションし、つくばサイエンスエッジでは英語ポスター発表をした。

 太陽電池の研究と並行して、自主的に取り組んだのが「HP Mars Home Planet」という国際プロジェクトだ。

「『100万人の人間が、火星で生活する上で必要な建物や乗り物のアイデアを考える』プロジェクトに興味を持ち、同級生や部活の後輩を誘って、チームを作りました」

 色素増感太陽電池と鉛の層の外壁で放射線を防ぐピラミッドハウスを提案し、高3の春に国内大会で最優秀賞を受賞した。

「その後、東大推薦入試のアドミッションポリシーを読んだとき、東大に呼ばれているように感じ、挑戦するしかない、と思いました」

 東大の最大の魅力は「学際的な研究に取り組める環境」だという。

「東大ではエネルギー分野のほか他分野も横断的に学び、将来は宇宙開発にたずさわる研究者になりたいです」