10.25インチのワイドスクリーンを二つ組み合わせた大型モニター10.25インチのワイドスクリーンを二つ組み合わせた大型モニター。タッチパネルとなっているので、操作も感覚で行える。今後は続々と主力モデルに採用される技術がこの価格帯のクルマにも採用されている点がメルセデス・ベンツの凄さだろう。

 エクステリアはCLSにはじまった新世代のものとなり、シンプルで大人っぽいデザインになった。インテリアは2つ並んだ10.25インチスクリーンを中心に、SクラスやEクラス譲りのステアリングやスイッチ類を用いた上質なものだ。ボディサイズは、従来モデル比でホイールベースを30mm延長、フロントのトレッド幅は14mm広くし、その分を後席の居住空間の拡大や荷室の使い勝手の改善にあてている。

ラゲッジスペースラゲッジスペースはハッチバックスタイルなのでかなり広め。通常時で370リットル、後部座席を倒すと1210リットルにまで拡大できる。

 また課題の1つだった後方視界を改善、またリアのドア形状を変更することで後席の乗降性を高めた。荷室の奥行きを115mm延長したことで荷室容量は29リッター増加し370リッターになっている。