昼食が炭水化物ばかりなら
間食ではタンパク質やビタミンなどを

 ここまで間食を防ぐコツを紹介してきましたが、実のところ私は、忙しいストレス社会を生きる私たちにこそ、間食が必要だと考えています。

 実際、多忙なビジネスパーソンからお昼の時間がとれなくて、おにぎり1つやパン1つしか食べられなかった、なんて声もよく聞きます。そんなときこそ間食の出番です。どうせ食べるなら、体に良い物、体が必要としているものを選びませんか?

 昼食が炭水化物だけならタンパク質やビタミン、ミネラルが不足しています。タンパク質がとれるチーズやヨーグルト、ビタミンやミネラルが豊富なフルーツやナッツ類などを選べば体も大喜び!仕事のパフォーマンスアップや美容効果も期待できます。

お菓子生活を卒業したければ
「基本の食事」を大切に!

 お菓子はおいしいですよね。ですが残念ながら、体が本当に必要としている栄養はお菓子からは十分に取ることができません。ダイエットや健康を考えるのであれば、お菓子ありきの生活は卒業しましょう。

 まずは毎日の食事を整えること。いきなり一汁三菜のようなバランスが取れたものでなくてもOKです。欠食しがちな方は何か食べることから、炭水化物に偏りがちな方は野菜の小鉢を1つ加えるところから始めてみてください。体に必要なものが入ってくれば、お菓子をたくさん食べ過ぎることもなくなるはずです。

 いかがでしたか?

 お菓子は決して悪ではありません。食事の量は減らさず、適量を楽しむのが一番体と心が喜ぶ食べ方です。お菓子をたくさん食べないと気が済まない方はまず、普段の間食や食事の内容を見直してみてくださいね。

(管理栄養士 岡田明子)