いい香り、好きな音楽
散歩、とにかく笑う

2、感情面からのアプローチでいまの状態を変える。

・太ももを3回強くたたく。それにより、「いやなことはこれ以上考えない」と  いう合図にする。

・ハンドクリームを塗り、においで嗅覚から大脳への直接刺激で不快感を撃退する。

・いやな感情をノートに書き出し、自分の感情の原因を確認する。

・自分の好きな音楽を聴いてみる。

・気晴らしに散歩する、体を動かしてみる。

・「緑」「青」など、沈静化する色を眺めてみる。

・好調の時の自分を思い浮かべる。

・とにかく笑う。

3、スピリット(あり方)面からのアプローチでいまの状態を変える。

・「この状況を打開するには、何をする?」といったように、自分に問いかける。

・いまの状態は「思い込み」からきていることを感じ、その「思い込み」や「意味づけ」を修正する。たとえば、いまの状況を「ピンチ」と思い込まずに「チャン ス」と考える。「好きな仕事につけていない」ではなく、「どんな仕事が向いてい るのか」と、仕事への向き合い方を変えてみる。

・仕事の基本を見直す。

・少しだけやり方を変えてみる。

・できることに集中して、それをやり遂げる。

 以上が、私が企業研修の現場でレクチャーしている「クイック・リカバリー・プログラム」です。自分がストレスや悪い感情に支配され、自分を見失ってしまいそうになった時に、有効な方法です。

 ストレスに支配されそうになった状態を修正するためには、とにかく「行動」することが大切です。

 いま、紹介したものの中から、自分にあった方法を実践してみてください。