サスペンションは4輪ストラット式。設定は全般的におおらかなフィーリングだ。乗り心地はタイヤの存在を感じさせつつも鋭い衝撃を効果的にいなす、まろやかな雰囲気。固めのシートはクッションに厚みがあり、快適性は高い。

従来以上の個性派に変身
毎日乗りたくなるSUV

 フットワークは適度に軽快。ステアリングの切りはじめの反応は鋭くないものの、素直に向きを変える。舗装路は前輪駆動でもグリップ能力に不満はない。オフロードを多く走る機会が多いユーザーは、4WDのトレイルホークを選ぶといいだろう。

 一部に新型ラングラーと同イメージの造形を取り入れてジープとしてのアイデンティティを明確にしたニューモデルは、従来以上の個性派に変身した。本革シートやナビゲーションを標準装備しながら355万円に抑えたプライス設定も魅力的である。ニュー・レネゲードは今後も根強い人気をキープし続けるに違いない。毎日乗りたくなるSUVである。

(CAR and DRIVER編集部 報告/森口将之 写真/小久保昭彦)