両社は長年、料金争いを繰り広げてきた。だが、赤字が拡大すれば、損失を警戒する株式市場の投資家がプレッシャーを強める可能性が高い。