美女を抱きまくったあげく、男性が得たものとは...?
幾多の美女を抱いてきた結果、男性が得たのは「ときめきを失った心」でした(写真はイメージです) Photo:PIXTA

パパ活女性たちを追ってきた本シリーズ。今回は、ちょいワル風ルックスと潤沢なお金を武器に、「美女を抱きまくってきた」と語る“パパ”に取材した。多くの男性がうらやむような話だと思いきや、「パパ活を始めてから女性のことをかわいいと思えなくなった」と語る男性の苦悩とは…。(清談社 藤野ゆり)

ジローラモ風55歳が
パパ活を始めたわけ

 パパ活女性の目的は、極端にいえば1つしかない。「お金が欲しい」、それだけだ。一方で、男性側の目的も非常にわかりやすい。「好みの女性と出会い、恋人のような時間を過ごしたい」だろう。

 タカシさん(仮名/55歳)も、そんな目的を持ってパパ活に踏み切った1人だ。会社経営をしているというタカシさんは、ジローラモ風のちょいワルなルックスがお世辞抜きでモテそうだ。パパ活を始めたきっかけについて尋ねると、「ハイレベルな女性と出会いたかった」と語りはじめた。

「街中で、とんでもない美女とおじさんという不釣り合いな組み合わせのカップルを見るたびに、なんで!?と疑問で仕方なかった。正直、腹が立っていたんです。交際クラブという存在を知って、合点がいきました」

 タカシさんが交際クラブ『ユニバースクラブ』に登録した2年半前、まだパパ活という言葉は一般的ではなかった。美しい女性、若い女性と疑似恋愛を楽しみたい。いつの時代も多くの男性の夢であり欲望であることは理解できる。しかし、傍目にはモテそうなルックスの男性でも、年齢を重ねれば女性との出会いはどうしても少なくなってしまう。

「クラブに登録して初めのうちは感動しました。きれいでスタイルも良く、魅力的な女性と本当にデートできるんだ、抱けるんだと。まあ、お金さえ払えば、ですけどね(笑)」

 そう言って自嘲気味に笑うが、その言葉に卑屈さは感じられなかった。誰もが振り返るような美女と大人の関係を持つ。そのことで少なからず自分に自信を持てるようになった一面もあり、時には女性側が真剣になってしまうこともあったという。