スルガ銀行東京支店
株の次に焦点となる日本橋の東京支店 Photo:DOL

経営不振に陥ったスルガ銀行は、新生銀行と包括提携する方針を固めた。だが、支援先企業を決定するまでの過程で、創業家や関連企業が株式を大量に保有していたことがネックとなっていた。だが、ここにきて創業家が姿勢を変化させ、株式の売却を検討していることが『ダイヤモンド編集部』の取材で分かった。(ダイヤモンド編集部編集委員 田島靖久)

支援先候補の姿勢に濃淡
その背景に「創業家の株」

 女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」のオーナー向け融資で、審査書類の改ざん疑惑などが浮上して経営不振に陥っていたスルガ銀行が、外部からの支援を仰ぐことになり、現在、支援先の選定作業を進めていた。

 一時は既報(「スルガ銀の支援先選定、ノジマとSBIの一騎打ちに待ったを掛けた金融庁」)の通り、ノジマやSBIホールディングスなどが頭ひとつ抜き出ていたが、土壇場になって「銀行による支援」にこだわった金融庁の意向によって新生銀行が支援先に決まった。