テスラが最近実施した資金調達を巡り、投資家は経営の「航続距離」が伸びると期待すべきではない。