3リッター直6ターボ搭載の『RZ』。タイヤは19インチ装着。
3リッター直6ターボ搭載の『RZ』。タイヤは19インチ装着 Photo by Kenji Momota

『スープラ』が
日本で17年ぶりに復活

 トヨタの上級スポーツカー『スープラ』が日本で17年ぶりに復活した。

 注目されるのは、欧米などスープラの主要販売国では設定がない、2リッター直4ターボ車が日本市場向けで用意されていることだ。

 今回で第5世代となるスープラの開発コンセプトとしてトヨタが掲げたのが、「スープラのヘリテイジ(伝統・歴史)である直6とFRを継承すること」だ。 

修善寺の山間部にあるホテルを基点に開催された報道陣向け試乗会
修善寺の山間部にあるホテルを基点に開催された報道陣向け試乗会 Photo by K.M.

  直列6気筒エンジンは2000年代以降、一部メーカーを除いて一気に減少。直6は本体の寸法が長くなり、車体前方での衝突安全への配慮に工夫が必要などの理由から、コンパクトはV型6気筒エンジンが主流となった。だが近年は、マツダ上層部が新型の直6エンジン開発を公言するなど、欧州CO2規制への対策などで復活の兆しが見えてきた。

 そうしたトレンドを、トヨタはBMWと連携することで新世代の直6スープラが実現できた。

 ところが、直6に加えて“ほぼ日本向け”として2リッター直4ターボもラインアップしたのだ。

 果たして、直4スープラの出来栄えはどうなのか?

 トヨタが2019年5月末、静岡県修善寺周辺で開催した報道陣向け新型スープラ試乗会での体験をご紹介する。