7月から始まる女性パイロットTVドラマの意図

 7月から女性パイロットを主人公にした連続テレビドラマ「ランウェイ 24」(朝日放送テレビ)の放映が始まる。ANAグループの大手LCCであるピーチ・アビエーションが全面協力し、ピーチがドラマの舞台になるものだ。ピーチが顧客への認知度向上を狙うのはもちろんのこと、業界全体が「採用に応募する人が増える」(業界関係者)と期待している。

 かつて木村拓哉さん主演の「GOOD LUCK」で、整備士を柴咲コウさんが演じたところ「ドラマをきっかけに女性整備士の応募が劇的に増え、整備士職に女性が普及するようになった」(ANA関係者)という。

 今回のドラマには、LCC女性パイロットを増やしたい意図がある。ピーチはジェットスター・ジャパンよりも前からパイロットの自社養成を始めている。

 LCCではパイロット争奪は日常的な話であり、ジェットスター・ジャパンにしろ、ピーチにしろ、引き抜き合うだけでは事業拡大のペースに人数が追いつかない。自社養成シフトが勝負どころとなっている。

(ダイヤモンド編集部 柳澤里佳)