・お腹は気になるが、時間やお金をかけたくない
・運動はしているが、お腹の悩みを解決できない
・お腹を凹ませて、人生を変えたい
 そんな方のために、好きなものを食べても運動しなくてもやせて、腰痛、猫背などの不調も改善する「合理的な方法」をお伝えしていきます。ビジネスと同じで、まずお腹が出る原因を探り、目標を設定すれば、とるべき手段が明確になり、おのずと結果はついてくる、そんな方法です。

ダイエットの目的と
手段を明確化する

植森美緒(うえもり・みお)
1965年生まれ。健康運動指導士。ダイエットに失敗した10年間の経験を生かし、リバウンドしない方法を提唱。自らもそれを実践し、最大60kgから14kg減量した体型を維持している。スポーツクラブ、カルチャースクール、専門学校、整形外科、自治体、健 康保険組合、企業、女性誌など多彩なステージで活動を重ねている。実践のしやすさと続けやすさをモットーにしたセミナーは、その場で効果を実感できる点が参加者からも好評。著書に、『30秒ドローイン!腹を凹ます最強メソッド』監修:石井直方(高橋書店)、『腹だけ痩せる技術』(メディアファクトリー新書)、『世界一簡単な「くびれ」の作り方』(PHP文庫)など多数。

 ここでは、現在のお腹の出っ張り具合を分析しながら、「どこをどのように凹ませるか」という目的を具体的に考え、とるべき手段を明確にします。

 目的と手段を明確化することは、仕事を進めるうえでも有効だと思いますが、ダイエットについてもまったく同じです。目指すゴールが漠然としたままでは、結果を出すための最適な手段も絞り込めません。

「やせるには、何が手っ取り早いですか? やっぱり食事ですか?」

 このような質問をされることがありますが、ひと言で「やせる」と言っても、なぜやせたいのかによって選択する手段は違ってきます。

 血圧や血糖値など、健康診断の数値を改善したいのか、ひざや腰の痛みをなんとかしたいのか、体重を落としたいからなのか、見た目をかっこよくしたいのか、等々。

 やせたい理由が違えば、効果的な手段はまったく異なってくるのです。

 たとえば、見た目のためにお腹を凹ませたいと思っている人が、食事制限をがんばるとどうなるか。体重は確かに減りますが、お腹の表面がたるんだり、顔にしわが増えたり、お尻がしぼんで垂れたりと、肝心の見た目が悪くなる、ということも起きてきます。あくまで女性目線で言うと、女性はお尻が垂れている男性には魅力を感じにくいと思います。お尻が垂れているくらいなら、お腹が出ているほうがましという女性は多いでしょう。女性が男性をどう思うかはともかく、漠然とした行動は、行く先を決めずに旅に出るようなものです。望む結果が出ないどころか、こんなはずでは……と、くやしい思いをしてしまいかねません。

 お腹を凹ませるにしても、見た目にお腹が凹めばいいのか、それとも脂肪を減らしたいのかなどによって、最適なやり方が違ってきます。望む成果を出すためには、あなたのお腹をどうデザインしたいかを具体的に考える必要があるのです。