RAV4ハイブリッドG
RAV4ハイブリッドG プラットホームはカムリ用をベースに開発した最新TNGA オフロード走行を想定しランドクルーザーの開発陣からアドバイスを得て各部を強化 足回りは(F)ストラット/(R)ダブルウィッシュボーン

 ハイブリッドGの車両重量は1690kg。余裕たっぷりの2.5リットルエンジンとモーターの組み合わせなので加速に不満はない。ゆっくり流すようなシーンは、ほぼモーターで走行。静粛性は非常に高い。2リットルガソリンを搭載するアドベンチャーの車重は1630kg。通常走行の場合、3000rpmあたりまでエンジンを回す機会が多いが、エンジン音が滑らかなので騒音は気にならない。パワーは十分、という印象を受けた。

 乗り心地はプラットホームの高い完成度を実感した。新型RAV4のTNGAはC―HR用ではなく、ワンクラス上のカムリ用がベース。オフロード走行を想定し、ランドクルーザーの開発スタッフからアドバイスを得て各部を強化したという。その効果は明確だ。オンロードでも、強固な土台としっとり動く足回りが好印象を盛り上げる。フットワークはパワートレーンが軽いアドベンチャーの自然な身のこなしがよかった。

 試乗会ではフラットダートと、モーグルなどからなるオフロードコースも走れた。走破性はハイブリッド、アドベンチャーともにハイレベル。電気式4WD(E ―Four)システムのハイブリッドは、リアモーターが強力になった関係で、後輪の駆動を感じながらのコーナリングが味わえた。リアにトルクベクタリング機構を盛り込んだアドベンチャーは、コーナーで積極的にトルクを外輪にかけて旋回を強めていく。

 最低地上高はハイブリッドが190mm、アドベンチャーは200mm。最新のSUVとしては十分な数値である。これもオフロード走行で安心材料になった。

 RAV4は、米国におけるトヨタのベストセラーモデルだけあって完成度が高い。力のこもったモデルチェンジであり、日本でもタフで便利なSUVとして注目を集めるに違いない。SUV本来の力強さが鮮明に感じられ、頼りがいのあるニューカマーだ。

(CAR and DRIVER編集部 報告:森口将之 写真:小久保昭彦)